何故パレオダイエット、パート1:パレオとは?

強くなりたいと思いませんか?

なりたくないなら、身体をより美容にしたいと思いませんか?

美容も興味ないなら、健康をもっと良くしたいと思わないですか?これは肥満、心臓病、糖尿病、自己免疫病、骨粗鬆症などなどを防ぐことだけれど...

上記の3項目はトレーナーの私達が最も多く訊かれる課題だが、ある1つに興味がないと言う人にも、全部が繋いでいると言う真実を知って頂きたい。要するに健康への道、丈夫な身体への道、美容な身体への道の基本は統一です。知らなかったの?

右側:マークシッソン、パレオ指導者
左側:ディーンオーニシュ、菜食主義指導者
そう言えば、違いは見えますね...

何の道かと言うと、これは我々の原始人であった先祖が食べていた食事方法、つまりいわゆるパレオダイエット。

ところで、申し遅れたかも知らないけど、このブログは自分の身体が不満に思っている人の為。それだけです。然し、自分に満足してる方は逆に、何故健康についてのブログを読むかは、不思議にしか思えないけど...

上記の肥満、心臓病、糖尿病と自己免疫病、骨粗鬆症、そして癌、小児脂肪便病、自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー病、鬱病… これらは現代の病気と呼ばれ、原始人に無い病である。そう言う観察に生まれた説に拠れば、我らは遺伝的に異なる事が殆ど無いので、原始人の様に食べたり、日差しを浴びたり、身体を動かしたりすると、この病を一生も患うこと無く、長生き出来る。

マサイ族では肥満、心臓病などは知られていない

パレオと言う言葉は旧石器時代(英語で「Paleolithic Era」と言う)を引き合いに出す。その時代において、人間に穀物、米、砂糖、豆類、乳製品などの農産や畜産物が食べられなかった。その時代から遺された骸骨を調べると、我々の原始人の先祖は素晴らしい身体を持っていた事が明らかだが、近現代でまた原始人であった民族を観察すると、何と、全く同じ事が見える。その民族には癌、肥満、糖尿病、心臓病等々...現在において死亡の最も多い原因が知られていない。 そして、実験してみると論じた通り、現代(新石器時代とも言う)の食べ物を止めれば、健康の尺度の殆どが、殆どの場合では、良くなる。

「じゃあ、どうすればいい?」と訊きたいでしょう。最良なやり方は自分で試す事だと私は思う。要するに、自分に厳しくして、穀物、米、糖分の多い物、豆類、乳製品を30日間で止めてみて、どんな調子になるかを自分で感じてみる。そうしたら一つずつ上記の物を食に取り入れて、入っている事によった調子変動を観察できるでしょう。その過程で実に何の食べ方が自分に合っているかを知る事ができる。

最後ですが、自分の事をちょっとだけ弁護させて頂く。このブログを書くのに、私は直にお金などを貰うことは無い。薬品やサプリメント会社に何も貰っていないし、私が書いている事によって何事にも宣伝になっていない。私に利益があれば、それは正しい情報を伝え、信用され、私のジムをご参加頂く点にしか存在しない。つまり、私には、人を騙す動機は無い。

そう言っても私は間違いを犯さないなどと言っていない。ただ、私は自分の観点から見える真実を述べているに過ぎません。

宜しゅうに、

驚いたな〜

Advertisements

Leave a comment

Filed under Food, Meta, 日本語

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s