Monthly Archives: July 2013

パレオ外食案内

kanpai0日 本では外食をする事は伝統だけではなく義務で有る時、忘年会時期など、もある。パレオダイエットを食べようとしている人に、この時一体どうしたらいいん だろう?レストランに行かなければならないのであれば、レストランで食べるについて、できるだけ多く知った方が安全であろう。

然し、外食すると、大抵の場合はグループで行き、主に悪い妥協に追い込まれる。自分の経験から言うと、飲み会では最低限を守り、ダメージを防ぐのに目いっぱい。

この案内はレストランのランキング、良い所から悪い所へと言う順番で、それとアルコールについての一言。

正直に、私はやっぱり安全で食べるのに小さな嘘を付く事が多い。最多の嘘は「小麦アレルギがあります」。小麦は最も多く出て来るが、同じく避けたいのであれば(勿論避けた方がいい)大豆や乳製品等に対して使う事は有効だと思われる。だがこの「アレルギ」の点では友達に冷やかされることは、やっぱりある。「好き嫌いが多いな~」とか「アレルギは精神的なもんだよ」などと言われるが、この場合、彼らを無視するか、或いは彼らのような体形を持つかと言う2選択肢しかない。選ぶのに艱難はしない。

ベスト

この三つを選んだのは簡単にバランス良く食べられて、肉も野菜も簡単に手に入れることができるからと言う点だの上、店員は殆ど日本語が達者なので、食べ物に対する質問はより楽。

焼鳥

焼鳥はパレオダイエットに従って食べるのは簡単:焼鳥自体は塩で頼めば幾らでも食べられる。他においてある物の中に完璧な物(例:キュウリと胡麻油)と完全に駄目な物(例:唐揚げ、天ぷらなど)があるが、一般的に店員が日本語を話せて、食材から作るので何が料理に入っているの詳しいから、聞いてみるとちゃんとした答えは出て来るはず。一般に店員の中にも理解が欠けているところは三つある:醤油とダシとつくね。醤油は必ず小麦粉が入ってるから、小麦より醤油が付いてるかどうかと確認した方がいい。ダシにも入ってる事があるけど、上品なお店ではダシを含めて食材の全部が自家製なので、あんまり心配に及ばない。因みにチェーン店では小麦が入ったダシを使う事が多いので、注意する価値がある。三つ目はつくねだが、小麦粉を繋ぎとして使う事が多くて、「これが唯一使っていないお店かな」と訪ね飽きて、諦めた。そのお店がないと言っていないけど、最早訊く価値が見えなくなってしまった。

焼肉

焼肉もパレオで食べるのが簡単:焼き野菜と肉をタレなしに注文し、自分でタレを付けずに、獣であるあなたは獣のように食べまくる。秘訣は「タレ無し」、若しくは「塩こしょうだけ」と言う注文の仕方で ある。殆どの人が甘いや辛いや物凄く旨いタレを付けて食べているが、我々、健康が気になっている人たちは食べられない。そこはどうすれば良い?自分に とっては塩こしょうのみで食べることが最も美味しいが、食べたい方にレモン汁が置いてあるところは殆ど。もう一つ選択肢としては胡麻油がある。塩こしょうを入 れて、ちょっとだけお肉につけると美味しい。

焼肉の面白い点はやはり食べ放題:必ず満足して帰るから、焼肉に行く度は嬉しい。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶに関しては私の言い分が大体焼肉に同じが、一点だけが違う。今度はタレだけではなくスープも気を付けなければ行けない。大抵二流がある:チェイン店はアレルギ表がある。片方のより高いお店では、スープを本店で作ってるので、店員が何が入ってるのかに詳しい。はず。何処に行っても馬鹿が居るが...

只のお湯で煮た肉と野菜は大して美味しくなさそうに思われるかも知らないけど、味付けに幾つかのコツがある、例えばタレの代わりに生卵や胡麻油に塩こしょうを入れるとか、七味を入れるとか。肉の美味しさは焼いて食べた方が分かると思うが、鍋料理は日本の文化だし、冬では特に食べたくなる。しかも食べ放題なんで、必ず満足して帰って来れます。

charles-barkley-3

王者の被害者

2段目

インド料理

インド料理は一品一品食べれるかどうかは殆ど一印象が合ってて、何処に行っても食べれる物が置いてて助かる。一印象で食べれない物(ナン、ライス、豆が入ったカレーなど)を避ければ、健康を支える食事を出来ます!タンドリは最高で、マトンやチキンや海鮮カレーは大丈夫。多少の砂糖や生クリームが入っているカレー(サグなど)も有るが、この程度じゃ構わない。2段目に入れてしまった理由はここに有る:インド料理屋の店員は時々英語話せるけど、通じない場合もあり、大抵日本語が喋れるけど、それも大体上手くない。従って簡単だと思われる質問(「これ、砂糖が入っていますか?」)が困難し、面倒くさくなる。詰まり、外食すればこのくらいの妥協(多少の砂糖が入ってしまったものを食べる)が必要となる事は多い。

タイ料理

小麦が入った物はインド料理よりもタイ料理の方が多い事を除けば、インドについての助言は、殆どタイ料理にも参考できると思う。またインド料理と同じ問題、食材の事を訊くのが困難するはここにも有るけれど、タイ料理屋では英語喋れる率が比較的低い。
個人的にタイ料理が大好き。その上食べれる物がいっぱい:グリーンカレー、レッドカレー、イエローカレー(全部ライス抜き)、たこや牛や豚やパパヤが入ったサラダ、タイ風オムレツ、バジルチキン炒め...安全率が高くて、いつも美味しい。おまけにお昼でも開いていて、安い!
KarlMalone.jpg1

3段目

居酒屋

ここでは”居酒屋”はチェーンの大きいなお店、例えば花の舞、魚民、笑笑などを指そう。それ以外、一軒屋の日本料理屋も居酒屋と言う事があると思うけど、それに関しては、メニューが様々で、為になる助言はできない。

チェーンのお店では焼鳥(塩で平気で食べれる)からお好み焼(全く駄目)、色な物を置いているけど、大して美味しくなく、それ程安くない。と言っても大抵は健康にいい物を注文ができ(ほっけとか、焼鳥とか)、店員さんが日本語を話せ、大きなチェーンなのでアレルギーに気を付けて貰える。それじゃあ、何故2段目に入れなかったのか?先ずは誘惑性が高いから:居酒屋ではパレオな食べ物よりもパレオじゃない食べ物の方が著しく美味しい。しかもお酒を飲む処なので、丁度誘惑に弱い立場に取り入れられて、負ける人は殆どと思われる。ところで殆ど出される食べ物が作ってあるのため、特別注文(”これをタレ無しで貰えますか?”とか”玉子焼き、小麦粉を入れずに作って頂けますか?”とか)を受付けないお店は殆ど。因みに何故小麦が玉子焼きに入れなければならないのかが、さっぱり分からないが...要するに行く前から何を注文するかとの計画と、友達が食べている物の摘み食いに対した固い意志、どちらも居酒屋を訪れる時に不可欠である。

中華

中華屋はラーメンのお店で無い場合、最低限を反しない食べ物を見つけるから、完全無視するべきではないが、ラーメンが専門の場合では、可能な選択肢は2つ:水だけを飲むか、外で待つ。

問題はやっぱりその反しない食べ物を見つける事にある。タイとインド料理に同じく、店員達が殆どの場合日本語で詳しい質問を理解できず、恐らく英語も全く駄目。まあ、そう言っても完全に否定はできないので、尋ねてみる価値がある。見た目で駄目だと分かるものがあるけど(例えばご飯か麺が入ったもの、唐揚げ、醤油か変な甘いソースが明らかにかかったものなど)、他には解り難いものもある。唯一何処に行っても問題を体験した事ないものは海鮮炒めである。ネバネバ感を与えるのに多少の片栗粉が使われてると思うが、これが私の経験ではベスト。

Rik Smits

頼れるが優れてはいない

4段目

寿司

これ以降は軽い程度でパレオの理念を反するものばかりになるが、その中寿司はトップと思う。「ええ?刺身だけにすればいいじゃん!」と思っていらっしゃる方もいるが、これが高過ぎて満足しないパタンなので、認める事ができない。でも寿司屋さんの良いところは沢山ある!先ずは食材は殆ど見た目で分かる。玉子焼きはお店によって使ってるダシに小麦粉が入っていると言う事実以外、一々訊かずに済むからパレオ人の一つの面倒なところがなくなり、「理念を反している」と言っても残る被害が大抵ない。注意するところは新型な寿司、’焼肉すし’など、先言った玉子焼きのダシ、醤油(これは小麦不使用のを持参、若しくは寿司の実の味を楽しむ)。それ以外には妥協してそのまま楽しんで下さい!

韓国料理

一回の悪い経験をした以来、韓国料理に対しての怒りが続いてて、フェアな紹介は多分できない。実際メニューを見ればタレなしのお肉とキムチだけを貰えそうな気がするけど、私の経験でその注文が上手く伝わらなくて、腹痛になり、帰ってきた。韓国語を喋れたらいいし、お店の人が日本語を通じたらいいが、どちらもが駄目で、被害者になった。今後はもっと力になりたいが、取り敢えず私の怒りが和らげたら日にまた話そう。

五段目
牛丼

残念ながらタレなしっての選択肢が与えられてなくて、ドレッシングなしのサラダが唯一小麦が入っていないもの。それは貴方みたいな恐ろしい、柔軟な獣を支える程度の食にならないので、そのまま通り過ぎた方がいい。

カレー屋

申し訳ないが、ここにも食べ物がない。

欧米由来のファストフード(ケンタッキ、マックなど)
健康を支えてない食してるのが解ってるハズ。要は” you know what you doing”

お好み焼き

「お好み焼って、焼肉にすればいいじゃん!」と思ってるでしょう。然し、鉄板がお友達と前来ていたお客のデースパンケーキと言ってもいいお好み焼を作るのに使われてて、その上で何を使っても小麦が入ってしまう。真実が辛いですね。済みません。

うどん・そば

パレオを食べようとしてる人が饂飩や蕎麦屋に行って食べれるものを見つかたら、その人が運がよかったか、若しくは馬鹿。多分どちらも。

ラーメン屋

いいラーメン屋が置いてるものは3つしかない:ラーメン、餃子、ビール。時々看板を見るだけで腹が痛くなる。

お酒について:

お酒について、以前ブログを書くことがあったから、その内容全てを再度書く必要がないけど、これだけ、再び言わせてください:

最良の飲み方は早く始まり早く終わる事にある、要するに最後の一杯と布団に入る時刻の間、できるだけ時間を置く事。その理由が単に一日でやっている運動などが、寝て身体を復活させなければ、健康のためにならない。これが運動がよく理解されてないとこだけれど、ウェートレーニングをして強くならない。いっぱい走って身体が細くならない。その良い結果が運動した後、休み、特に睡眠を取る事で得られるのである。アルコールは良い、深い睡眠を邪魔し、人間成長ホルモンをブロックする。HGH(Human Growth Hormone・人間成長ホルモン)は筋肉の回復に最も大切であるので、眠りつくまで飲むのがあんまり名案ではない、健康的に。

宜しゅうに、

caveman_computer

Advertisements

2 Comments

Filed under パレオダイエット案内, Food, 日本語

Mark Rippetoe, Happy 4th!

If Ripp said it, it’s probably true.

No, wait, it’s absolutely true and you’re a commie if you don’t agree.

Errr… whatever. Happy 4th!

RIPPfucks

“Just because some jackass asserts a thing does not mean that it is worthy of refutation. If the same guy tells you that every space shuttle launch perturbs the Earth’s orbit, and that the cumulative effects are just about to start the process of the loss of the atmosphere into space, thus creating a vacuum that will destroy all life on the planet in approximately 36 hours, would you deem this necessary to refute? How much time would you spend explaining to him why this cannot happen? Would not your time be spent better doing other things? And if you devise a concise explanation, why would you assume he would understand?”

“Yes, if you squat wrong it fucks things up. If you squat correctly, those same fucked-up things will unfuck themselves.”

“And the book is not any more expensive in Australia than it is here except for the shipping, which is what you get for living in Australia.”

“Poor form in the gym is caused by insufficient yelling.”

“Mediocre athletes that tried like hell to get good are the best coaches”.

“You are right to be wary. There is much bullshit. Be wary of me too, because I may be wrong. Make up your own mind after you evaluate all the evidence and the logic.”

“There is simply no other exercise, and certainly no machine, that produces the level of central nervous system activity, improved balance and coordination, skeletal loading and bone density enhancement, muscular stimulation and growth, connective tissue stress and strength, psychological demand and toughness, and overall systemic conditioning than the correctly performed full squat.”

“Ask Old Santa for a squat rack. Preferably one that won’t fit down the chimney. You can’t do the program without it, and that would leave you forever an elf.”

“Anyone who says that full squats are “bad for the knees” has, with that statement, demonstrated conclusively that they are not entitled to an opinion about the matter. People who know nothing about a topic, especially a very technical one that requires specific training, knowledge, and experience, are not due an opinion about that topic and are better served by being quiet when it is asked about or discussed. For example, when brain surgery, or string theory, or the NFL draft, or women’s dress sizes, or white wine is being discussed, I remain quiet, odd though that may seem. But seldom is this the case when orthopedic surgeons, athletic trainers, physical therapists, or nurses are asked about full squats.”

“Absolutely not. Never — and I mean NEVER — try anything that someone in authority, like Me, has not specifically approved in advance. This is not allowed, and is specifically prohibited, because if you do this irresponsible thing — this Trying Things For Yourself — you might learn on your own, and again, this is PROHIBITED…. Let me ask you a question: Are you from North Korea?”

“If nothing is wrong with your shoulders, benches are fine. But when someone asks me about rotator cuff injuries, I assume they’re not asking for their cat.”

“If you can’t train and work in a warehouse at the same time, you probably have ovarian cancer. Consult your gynecologist.”

“The vast majority of women cannot get large, masculine muscles from barbell training. If it were that easy, I would have them.”

“Okay, have you ever been around chickens? They are stupid, uncooperative, inconvenient, ill-tempered creatures. They get what they deserve. Fuck chickens.”

“Baby mammals drink milk, and you sir, are a baby mammal.”

“You must wear socks or workout pants on the Dead Lifts. We don’t want your DNA on the barbell.”

“There are few things graven in stone, except that you have to squat or you’re a pussy.”

“Soy milk is essentially Coffee-Mate laced with estrogen, and is best left to vegans and other socialist vegetarian types that can’t bring themselves to eat the completely natural-for-humans flesh of our friends the Animals but who have no trouble with slaughtering trillions of our other friends the Plants and processing — in gigantic factories run by multinational corporations with shareholders that eat meat themselves — very selectively chosen components of their poor little bodies into gooey shit that humans have never had an opportunity to adapt to digesting. Why, eating such material, with its high levels of isoflavones, touted by gynecologists as tantamount to Estrogen Replacement Therapy (ERT), will make you grow boobs, and this will screw up the clean lines of this fine young man’s Under Armor. I recommend against it.”

“Deadlifts that are too heavy to pull generally don’t take very long; the bar just kinda lays there. So if trying to move immovable objects was dangerous from the standpoint of stroke, the history of the human race would be littered with stupid people’s corpses.”

“Strong people are harder to kill than weak people, and more useful in general.”

“The only time LSD (long slow distance) is necessary is if your going to compete in a sport that requires it. It is far inferior to CrossFit-type metcon for producing an increase in VO2 max, it interferes with power and strength production, it can be quite catabolic and immune-suppressive in high doses, it destroys muscle mass, and the people that do it usually wear silly clothes. Read the stuff on the CrossFit website regarding this, and you will learn many good, important things.”

“We never consciously squeeze our asscheeks in the weight room. It’s not a valuable biomechanical cue, and it might get misinterpreted by the guys on the next platform.”

“You can’t make people smarter. You can expose them to information, but your responsibility stops there.”

Yoroshu ni

Mori

1 Comment

Filed under Meta